沖縄県の新築・築浅物件特集

沖縄県の新築・築浅物件特集
沖縄の賃貸アパート・マンションの中でも建設されたばかりの新築や、築3年以内の比較的新しい物件のみを集めた「新築・築浅」物件特集です。新築・築浅物件には、快適な暮らしをするための最新設備や工夫が盛り込まれているので、心地よい新生活をスタートすることができます。また、セキュリティ・防犯対策も整っている物件が多いので、女性の一人暮らしなどにもオススメです。

新築・築浅物件のポイント

「新築」物件の定義

「新築」物件の定義

一般的に、建築されたばかりの新しい物件を「新築物件」と言いますが、実は「新築」の表記には詳しい定義が存在しています。具体的には「完成後1年未満である」「1度も入居がない(未使用)状態である」という2つの条件です。そのため、たった1日でも誰かが入居済みであれば、不動産広告において「新築」と表記することはできません。また、誰も入居したことがないまま1年以上経ってしまった場合も同様です。
このように新築と呼べなくなってしまった物件は「築浅」と表記されることがほとんどですが、築浅に関する細かい定義はなく、築何年までを築浅と呼ぶかは不動産会社によって異なります。比較的新しく綺麗な物件であることに間違いはないので、新築物件をお探しの方は「新築&築浅」の条件で物件を探すのがオススメです。

新築物件は入居時期に注意

新築物件は入居時期に注意

新築物件に住みたいとお考えの方に注意して頂きたいのが入居時期です。新築物件は建物の完成前から入居募集をかけることが多く、うちなーらいふにも「完成予定」の物件広告が多数掲載されています。もちろん建設完了後にしか入居することはできないので、引っ越しをお急ぎの方や時期が決まっている方は特に注意が必要です。入居可能日の記述を確認したり、不動産会社に直接問い合わせてみて、自分の希望日に入居できるかどうか一番最初に確認しておきましょう。
すぐに引っ越せる新築をお探しの方は「即入居可」オプション付の新築・築浅物件から探すのがオススメです。
沖縄県の新築・築浅(即入居可)賃貸物件はこちら

実はそんなに高くない?コスパの良い新築・築浅

実はそんなに高くない?コスパの良い新築・築浅

新築物件は素敵だけど家賃が高いから…と思って新築・築浅を諦めている方も多いかもしれません。もちろん、古い格安家賃の物件と比べれば費用は多少かかるかもしれませんが、だからと言って格安物件に住むことがおトクとは限りません。
実は、近年の不景気や空き部屋増加の影響により新築賃貸はドンドン値下げされている傾向にあります。安くて良いものが買える時代の流れは不動産業界も同じで、コスパの良いお部屋が日々登場しています。最新設備が豊富な新築なのに古い物件と家賃があまり変わらなかったり、むしろ新築の方が初期費用が安い場合もあります。
古い物件で不満を抱えながら過ごすより、ほんの少し料金を上乗せしても、デメリットが少なく設備の整った新築・築浅物件に住む方が、結果的に満足のいく生活になるかもしれません。引っ越しの際は家賃だけにこだわらず、総合的なコスパの良さを考慮しながら物件探しをしてみてください。

新築・築浅物件のメリット

部屋が綺麗なので不快感ナシ!

部屋が綺麗なので不快感ナシ!

まだ誰も住んだことがない新築の賃貸物件なら、使用感の全く無いまっさらなお部屋に一番乗りで住むことができます。築浅の賃貸物件で前入居者が居た場合でも、住んでいた年月は比較的短いので、古い物件とは室内の使用感が全く違います。古い物件の場合「内覧に行ってみるとネットや本で見た写真より部屋が汚れていた…」という理由で物件を再度探し直さないといけない場合もありますが、新築・築浅物件ならそんな心配が少ないので物件探しの時間短縮にも繋がります。
綺麗で過ごしやすいお部屋なら毎日帰ってくる度に心地よくリラックスでき、慌ただしい新生活でも豊かに暮らせること間違いなしです。

最新設備が充実している

最新設備が充実している

新築・築浅物件では、生活を豊かにする人気の最新設備が整っています。例えば、新築・築浅賃貸のほとんどが「バス/トイレ別」や「室内洗濯機置場」などを標準で装備しており、「温水洗浄便座」や「乾燥機」が付いているお部屋も増えてきました。また、キッチンやお風呂などの水回りスペースを広めに確保してあったり、収納スペースが多かったりなど、家事をスムーズにこなす配慮がされている物件も多いです。
新築・築浅物件は既存の賃貸物件と差別化し入居者を増やすため、流行に合わせた内装や設備を充実させ暮らしやすいお部屋になるよう配慮されています。より快適で満足度の高い生活を送るためには新築・築浅物件が狙い目です。
バス/トイレ別&室内洗濯機置場付き新築・築浅物件はこちら

防犯・セキュリティ面も安心

防犯・セキュリティ面も安心

最新設備の配慮が行き届いている新築・築浅物件は、セキュリティ面でも充実しています。テレビモニター付きインターホンやオートロックはマンションだけでなくアパートでも一般的な設備となり、玄関の鍵穴やドアの構造もより防犯性の高いものを採用する賃貸物件が増えています。
空き巣などの犯罪の手口は時代の流れと共に日々進化するので、セキュリティ対策も時代の最先端のものを取り入れておいて損はありません。特に女性の一人暮らしなど、防犯対策が必要な場合には新築・築浅物件はオススメです。不動産会社で物件を探してもらう際にも、防犯性を考慮した物件から探してもらいましょう。
一人暮らし向け賃貸物件に関する特集はこちら