沖縄県の一人暮らし向け物件特集

沖縄県の一人暮らし向け物件特集
沖縄の賃貸アパート・マンションで一人暮らしをするのに最適な「一人暮らし向け」賃貸物件特集です。1度は憧れる夢の一人暮らし!お部屋探しが初めての方は、下調べをしっかり行うことがお部屋選びを成功させる近道です。自分の好みや生活スタイルに合った物件探しで、自分だけのお城を築きあげましょう♪

一人暮らし向け物件の選び方

1月〜3月は争奪戦!お部屋探しはお早めに

1月〜3月は争奪戦!お部屋探しはお早めに

4月は進学や就職・転勤など新生活が始まる時期です。その新生活に向けて1月〜3月に部屋を探す人はとても多く、この時期の人気物件はあっという間に契約が決まってしまいます。不動産契約は「早い者勝ち」が鉄則なので、気になる物件はとにかく早めにお問い合わせしましょう。どの物件にしようか迷っているうちにもどんどん取られてしまうので、新生活を始めることが決まったらすぐに物件探しを始めましょう。
もちろん、部屋を退去する人も多い時期なので毎日色んな物件に空きがでます。お気に入りの物件を取られても、また似たような物件が出ることもありますので、新着物件を常にチェックしておくのがオススメです。
せっかくの自由な一人暮らし、あとから後悔しないように早めに準備して争奪戦を勝ち抜いてください。

家賃は給料の4分の1〜3分の1

家賃は給料の4分の1〜3分の1

働きながら自分の給料で家賃を払う場合、生活が苦しくならない家賃相場は収入の4分の1〜3分の1と言われています。収入に余裕のある場合や一人暮らし経験が長い場合は3分の1でもやりくり可能かもしれませんが、まだ収入の少ない新入社員や一人暮らしが初めての場合は、3分の1では生活するのがやっとの状態になることが多いです。共益費や管理費などを含めた毎月の家賃が、手取り給料の4分の1に収まるように部屋を探しましょう。
自分の理想を全て叶える部屋に住もうとすると、家賃はどんどん高くなっていきます。自分の希望条件に優先順位をつけて、妥協する部分としない部分を判断しながら物件を探しましょう。

セキュリティ面も忘れずに

セキュリティ面も忘れずに

家賃も設備も満足な部屋に住むことができても、そこで空き巣などの犯罪被害に合ってしまっては意味がありません。一人暮らしで高価な物を持って無いから大丈夫…という油断は禁物です。盗難だけでなくストーカーや嫌がらせに合う可能性もあります。一人暮らしは特に狙われやすいので、以下の防犯対策に有効なポイントを参考に部屋選びをしましょう。

2階以上の部屋
1階より空き巣に入りにくいだけでなく、空き巣犯が下見をしにくいという点もあります。1階は道路を歩いているだけで部屋の中や洗濯物が丸見えになりがちなので、住人の性別や生活リズムを把握される危険性が高いです。
沖縄県の2階以上の賃貸物件はこちら

見通しが良く夜も周辺が明るい
大通りや繁華街は騒音が多いのが厄介ですが、一人暮らしでは周りにお店や街灯が少なすぎるのも問題です。見通しがよく死角になっていないか、夜も明かりがあるか確認しましょう。

近くに24時間営業のお店がある
夜中でも人通りがあり明るいのもありますが、いざというときに駆け込んで助けを求めることもできます。

オートロック&TVホン付き
オートロックやTVホンがついていると、玄関先に来る人を制限できるのでセールス営業の対策にもなります。TVホンで来客を確認し、1人で対応するのが不安な場合は「忙しいので対応できません」などとキッパリ断って、オートロックや玄関を開けないようにしましょう。
沖縄県のオートロック&TVホン付き賃貸物件はこちら

郵便受けが鍵付き
郵便受けが外にあり中身が見える状態だと、郵便物のたまり具合で数日留守にしていることがバレたり、郵便物の名前とチラシの内容で性別や年代まで簡単に把握できます。鍵付きでなくても、中身が見えにくいなどの工夫がされている方が安心です。

一人暮らし向け間取り解説

一般的に、一人暮らし向けの間取りには 1R(1ルーム)、1K、1DK、1LDK などが挙げられます。間取りは主に部屋の作りを表しており、物件全体の面積の広さは決まっていないので、実際の広さは内覧できちんと確認しましょう。どの間取りにもメリット・デメリットがあるので、間取りの意味を理解して自分に合う間取りを考えましょう。


1R(1ルーム)間取り図

画像を拡大

1R(1ルーム)間取り図

1R(1ルーム)とは?

「R」はRoom(ルーム)の略で、1Rとは部屋とキッチンの間にドアや壁などの仕切りがない間取りのことです。洗濯機置き場は室外にあるケースも少なくありません。間取りの種類の中では最小として扱われますが、1Kとの違いはキッチンの仕切りがあるか無いかだけで広さは全く関係ないため、必ずしも狭い間取りではありません。

メリット:家賃や初期費用が比較的安い物件が多く、予算の少ない学生や新社会人でも無理なく一人暮らしを始めやすい。仕切りがないため圧迫感がなく、空間を広く感じやすい。
デメリット:キッチンと部屋に仕切りがないため、料理のニオイが部屋全体に行き渡り、衣服や寝具にニオイ移りしやすい。玄関を開けるとすぐに部屋全体が丸見えになる間取りが多め。
沖縄県の1R(1ルーム)賃貸物件はこちら

1K間取り図

画像を拡大

1K間取り図

1Kとは?

「K」はkitchen(キッチン)の略です。1Kとはキッチンスペースの他にもう1つ部屋があるという意味で、部屋とキッチンの間に仕切りがある間取りのことを言います。1Rとの違いは、ドアなど仕切りがあるかどうかのみで、広さは関係ありません。キッチンが2畳しか無くてもドアや仕切りがあれば1Kに分類されます。

メリット:キッチンで料理する際は、ドアを閉めてニオイや煙が部屋に充満するのを防ぐことができる。玄関を開けた際も、仕切りが閉まっていれば部屋全体を見られることを避けられる。
デメリット:ドアを閉めて冷房がキッチンに行き渡らない場合、夏場に料理をしてガスを使うととても暑くなる。キッチンが狭い場合、キッチン用品を仕切りの向こうの部屋にも置く羽目になる場合がある。
沖縄県の1K賃貸物件はこちら

1DK間取り図

画像を拡大

1DK間取り図

1DKとは?

「DK」はDining kitchen(ダイニングキッチン)の略で、食事するスペースがある少し広めのキッチンのことです。そのため1DKとは、広めのキッチンスペースの他にもう1つ部屋があるという意味になります。キッチンは4.5帖〜8帖程度ある場合が多く、テーブルを置いて食事をする部屋として使うことも可能です。

メリット:キッチンが広めで、冷蔵庫・電子レンジ等の家電や食器棚など全てキッチンスペースに置くことができ、料理をスムーズに作れる。食事スペースと部屋(寝室)をきっちり分けられる。
デメリット:自炊をあまりせず、キッチンではなく部屋のテレビを見ながら食事する事が多い人は広さが無駄になることがある。1R・1Kよりも家賃が高めになってくる。
沖縄県の1DK賃貸物件はこちら

1LDK間取り図

画像を拡大

1LDK間取り図

1LDKとは?

「LDK」はLiving Dining kitchen(リビングダイニングキッチン)の略で、リビングとしても使える広いキッチンスペース(8帖〜)のことを言います。1LDKとは、広いキッチンの他にもう1つ部屋があるという意味です。キッチンを食事&テレビを見てくつろぐリビングとして使い、もう一部屋を寝室として完全に区別することも可能です。

メリット:キッチンのある部屋にテレビ&ソファーを置いたり、寝室にベッド&収納を置くことができる。ペット可の物件なら、ペットと一緒でも広々と過ごすことができる。
デメリット:2人同居可として新婚やカップルに勧められる場合も多く、家賃が高め。1人暮らしの場合は安定した収入が無いと生活が厳しくなる場合がある。
沖縄県の1LDK賃貸物件はこちら

一人暮らしの家具・家電の選び方

まず家具・家電付き物件を探す

まず家具・家電付き物件を探す

一人暮らしの強い味方である家具・家電付き物件なら、購入費用の削減だけでなく引っ越しの手間も省略でき、入居日からすぐに通常通りの生活ができます。引っ越しを急いでいる場合や、短期間しか住まないことが決まっている場合は特にオススメです。
物件によってどの家具・家電が付いているか見比べながら検討しましょう。
沖縄県の家具・家電付き賃貸物件はこちら

一人暮らしに必要な家具・家電

一人暮らしに必要な家具・家電

家具・家電付き物件がうまく見つからない場合や、買った方が都合がいい場合は、必要な家具・家電を自分で揃える必要があります。一人暮らしの部屋はスペースが限られているため、必要最低限の物を必要なサイズで揃えましょう。

エアコン(優先度:★★★★★)
沖縄で生活するにはエアコンは必要不可欠です。ですが意外と購入費用が高く、設置工事も必要で譲渡や使い回しがしづらいため、まずはエアコン(冷房)付き物件をオススメします。家具・家電付き物件でイイ物件が見つからなくても、エアコン付き物件なら理想の物件が見つかるかもしれません。
沖縄県のエアコン(冷房)付き賃貸物件はこちら

もし購入する場合は、夏場の電気代に大きく影響するため節電機能のある省エネタイプがオススメです。夏場は価格の値下げが少なかったり、設置工事の順番待ちが発生する場合もあるので、なるべく早めに購入しましょう。ネットや中古で買う場合は、設置まで行ってくれるのか、設置費は別途でいくら払う必要があるのか、注意して調べる必要があります。

冷蔵庫&電子レンジ(優先度:★★★★★)
料理を作る・作らないに関わらず必要なのが冷蔵庫と電子レンジです。自炊しなくても惣菜や冷凍食品の保存に冷蔵庫が必要になり、冷蔵庫に入れたものを食べるときは電子レンジが必要になる場合が多いので、この2つはセットで覚えておきましょう。
冷蔵庫は、ドアが右開きの場合と左開きの場合があるので、設置予定場所に都合のいい向きを考えてから購入しましょう。
沖縄県の冷蔵庫付き賃貸物件はこちら

寝具(優先度:★★★★★)
ベッドや敷布団など、引っ越し初日から揃っていることが望ましいです。引っ越し作業で疲れても、寝具が無ければゆっくり休息が取れません。引っ越し作業が終わった後も、新生活による環境の変化で気づかないうちに体は疲れています。体をしっかり休ませて新生活に早く慣れるためにも、なるべく早めに準備しましょう。

照明器具(優先度:★★★★★)
物件によっては備え付けられてない場合や、同じ室内でも部屋によって電球が切れている場合もあります。自分で買う必要があるか事前に確認しましょう。

カーテン(優先度:★★★★★)
引っ越し初日から必要なのに、意外と忘れがちなのがカーテンです。カーテンが無いと昼間はもちろん、夜電気をつけている部屋の中も丸見えです。一人暮らしはセキュリティやプライバシーを守る意味でも、早急に揃えておきましょう。

ガス/IHコンロ(優先度:★★★★☆)
一人暮らし向けの部屋ではコンロ付きの物件も多いので、特にこだわりがない場合はコンロ付き物件もオススメです。一人暮らし向け物件ではキッチンスペースが限られていることも多いので、コンロを置くスペースがどのくらいか物件内覧の際に確認しましょう。
沖縄県のガスコンロ付き賃貸物件はこちら
沖縄県のIHコンロ付き賃貸物件はこちら

洗濯機(優先度:★★★★☆)
近くにコインランドリーがあり必要性を感じない場合は、最初は買わずに過ごしてみるのもアリかもしれません。うちなーらいふでは洗濯機付き物件も検索することができるので、購入を迷っている方は洗濯機付き物件から探してみましょう。
購入する場合は、洗濯機を置く場所のサイズを事前に測って、そのサイズに合ったものを買いましょう。あまり大きすぎるものを買うと、稀に玄関先から搬入できない事もあるので搬入スペースも確認しておくのがオススメです。
沖縄県の洗濯機付き賃貸物件はこちら
沖縄県の室内洗濯機置き場付き賃貸物件はこちら

また、自宅で洗濯する場合は乾燥機もあると重宝します。雨の多い沖縄で、天気に左右されることなく好きなときに洗濯ができるメリットは大きいです。自分で買い足す必要はありませんが、部屋に備え付けられていると便利です。
沖縄県の乾燥機付き賃貸物件はこちら

テレビ(優先度:★★★☆☆)
最近は価格も安くなっており中古でも手に入れやすいため、家で過ごすことが多ければ購入しましょう。外出が多いけどたまに見たいという方は、テレビが備え付けの物件も検索できます。
沖縄県のテレビ付き賃貸物件はこちら

パソコン(優先度:★★☆☆☆)
学校や会社で資料作成がある場合は必要かもしれませんが、普段使いはスマホでネットを使用する人が多いかもしれません。パソコン使用時にはネット回線が必要な場合がほとんどですが、インターネット無料の物件なら毎月のネット代の支払いが浮くだけでなく、契約時の面倒な手続きも不要です。
パソコンを持たない場合でも、スマホの速度制限に悩まされている方はWi-Fi対応の物件にするのがオススメです。
沖縄県のインターネット無料賃貸物件はこちら
沖縄県のWi-Fi対応賃貸物件はこちら

新品で買う?中古で買う?

新品で買う?中古で買う?

足りない家具・家電を買わなければならない時、お金が沢山あれば全て新品の物を買えますが、一人暮らしに節約はつきものです。中古品でも気にならない場合は、新品で値段が高い家具・家電から順に中古を検討し、新品でもあまり高くないものはなるべく新品を買っておくと、故障や不具合による修理・買い直しのリスクが少なく済みます。
うちなーらいふでは引っ越しをする方に向けて、沖縄県の中古・リサイクル品の紹介サイトも運営していますので、ぜひご利用ください。
沖縄の中古・リサイクル家具家電サイト「沖縄買物市場」

春先の新学期シーズンであれば、家電量販店で一人暮らし向けの家電一式セットが安くで発売されますので、全て新品がいいけど安く済ませたい方、家電のことがよく分からない・調べきれないという方はこちらもオススメです。